2011年06月08日

検証_APSターゲットプレート

最近JASGオフシャルブルズアイターゲットが工場の都合で生産できなくなり
複写式やコピー使うことが多くなりましたが
ターゲットプレートも手になかなか入らないとゆことがあるようで
代用品のポリカーボーネートの板使う人がおおくなりました

そこで弾痕がどのくらい付くのかテストしました

5発づつAPS-3でMZ SMG0.29g弾で5mブルズアイてすと
結果を見ると一目瞭然です

3mm以下がポリカーボーネート4mmぐらいがJASGのプレートです
私が思うにはポリカーボーネートの方がかたいので痕が小さくなるのは当然だと
結果でました。
本来なら実銃と同じように貫通した弾痕で決めると約6mmになるはずですが
BB弾が紙ターゲット貫通するうと正確な円にならないので(精度がだせない)JASGは、このような
方法とったのだと思います
まだまだあるとこには、JASGのプレートがありますので・・・!

Posted by teru  at 05:55 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。